ニキビ跡の凸凹をなくす方法

ニキビは若い人だけでなく、大人にもできやすいものです。

ニキビをつぶしてしまったり、何度も繰り返すなど悪化させてしまうと後々まで色素沈着したり、ニキビ跡として残ってしまうことがあります。

これが厄介で、ニキビ跡は簡単に治らないだけでなく、凹凸になってしまうと自分だけの力でだけでは改善することが難しくなります。

ニキビ跡の凹凸を改善する方法はエステサロンや皮膚科で行うレーザー治療が一般的ですが、フルーツ酸などを用いてケミカルピーリングを行う方法もあります。

色素沈着のような軽いものはフォトフェイシャルもできます。

軽度のものはケミカルピーリングで改善されますが、重症のものはレーザーが一番効果的です。

レーザー治療は皮膚組織に刺激を与えることで肌内部のコラーゲン生成を活性化し、皮膚組織を盛り上げます。

凹凸になってしまったニキビ跡にはより効果を発揮してくれます。

注意すべき点は皮膚の薄い人や肌の弱い人には刺激になる可能性があること、しばらくの間赤みが出る可能性があることです。

一生付き合っていく顔にいつまでも凹凸のニキビがあるとなかなか明るい表情になれないものですね。

でこぼこしたニキビの跡の治すためにやることが自分でのケアがなかなか難しい場合はエステサロンや皮膚科に行って治療することも一つの手です。