キザな男にならない!40代男性にふさわしいトレンチコートの着こなし方

トレンチコートは、冬だけではなくて春も着れるファッションアイテムですよね。

大人っぽい印象が強いコートなので、40代の男性にはぴったりです。

だけども、トレンチコートは襟が大きくてインパクトがあるので、キザな男になりがちです。

または、着方を間違えてしまうとルパン三世に出てくる銭形警部みたくなってしまいます。

「とっつぁーん」にならないために、40代男性にぴったりなトレンチコートの着こなし方を紹介しましょう。

トレンチコートの色は何色がおすすめ?

トレンチコートの着こなしを紹介する前に、トレンチコートは何色を購入すれば良いのか紹介しましょう。

人気の色は、アースカラーの黄土色とベージュが混ざったような色です。

銭形警部のトレンチコートと一緒の色です。

この色だと、冬のファッションが重くなりません。

また、春の華やかな季節にも着れます。

しかし、黄土色だとどうしても老けてみえがちです。

40代は大人な年代ではありますが、実年齢よりも老けて見えないような着こなし方を後ほど紹介するので、参考にして下さいね。

また、黒のトレンチコートも人気があります。

黒だと、パンツも黒にしてモノトーンファッションや白黒ファッションにしている人が多いです。

トレンチコートはジーパンでカジュアルに!

では、トレンチコートを老けて見えずに着こなせる方法はなにかというと、トレンチコートをカジュアルに着こなすのです。

ジーパンにトレンチコートを羽織れば、キザっぽくなりません。

そして、40代男性ならばワイシャツにセーターを着てきちんと感を出しましょう。

足元は、ジーパンをまくしあげて足のくるぶしを出し、革靴にするとおしゃれで知的なファッションができます。

また、ワイシャツではなくてハイネックセーターを着るのもありです。

ポイントは、トレンチコートの下に着るファッションはあまり重ね着をせずに、スッキリと見せるところです。

ごちゃごちゃ着てしまうと、トレンチコートの大きな襟がインパクトが強いので、やり過ぎのおしゃれファッションになってしまいます。

重ね着をしたいのであれば、襟が小さいステンカラーコートがおすすめです。

トレンチコートならば、フードつきパーカーでもオッケー

トレンチコートは大人な着こなしができるコートなので、中に着るトップスは大人っぽいファッションにしなきゃいけないというわけではありません。

40代男性でも、フードつきパーカーを着てカジュアルにする事が可能です。

普通、フードつきパーカーはカジュアル過ぎて若いファッションアイテムなので、40代のような大人な男性には似合いません。

だけども、トレンチコートだけは違います。

トレンチコートは一枚で大人っぽくなるファッションなので、パーカーでも四十代メンズコーディネートに合うんです。

パーカーを着る場合は、ズボンをめくってくるぶしを見せるファッションだとカジュアルになりすぎてしまうので、ズボンはめくらないようにしましょう。