カラコンの着色は目に良くないものなのか

昔、カラコンを購入する時に医師から「カラコンは色がついているから、きちんと取り扱いや使用方法を守るように。

」と言われた事があります。

色がついているから‥と言われて、私の頭にはクエスチョンマークが浮かびました。

色がついているのはいけない事なの?と思い、カラコンと色について調べました。

コンタクトレンズに着色すると、目になにか悪い影響があるのかというのは、まだ詳しく分かっていません。

しかし、着色したコンタクトレンズは目に悪い影響があるというのは言われています。

そして、実際にカラコンを利用した人で目にトラブルを抱えた経験がある人もいます。

しかし、カラコンは決してトラブルだらけという訳ではありません。

きちんと厚生労働省の許可があって発売されているものだからです。

また、薬事法で守られています。

そのため、色がついているから気をつけなきゃいけないというのは、医者が「カラコンの着色が目に悪影響を与えると言われているから、いちよう気をつけましょうね。

」と言いたかったのかなと思いました。

眼科医として目の心配をしてくれたんです。

もしトラブルが心配ならば、色素の部分が目に直接、触れないような盛れるカラコン度ありを選ぶといいです。

着色してある部分がレンズの内部にある「サンドイッチ構造」というレンズが、カラコンの大手メーカーから発売されています。

これならば色素が目に触れないため、透明な視力矯正用レンズと似た構造になっています。

さらに、目に酸素を徹しやすいカラコンを選ぶと目の健康が保てやすくなります。

また大手のメーカーではなく、輸入品などのカラコンでも購入前に色素が目に触れるのか販売元に質問してみるといいです。

そして色素が目に触れるレンズでも、目に触れないレンズでも定期的な検診に通えば、目のトラブルは防ぎやすくなります。

大切なのは、定期検診で目の健康を守ってあげる事です。

そして定期検診でひっかからないように、使用方法をよく守る事です。