ミネラルファンデーションについて考えてみました

ミネラルファンデーションとは

そもそもミネラルファンデーションとはどんなものなのか知らない方も多いと思います。

私も知らずに使った事があります。

一般的なファンデーションとミネラルファンデーションの大きな違いは、化粧品による肌荒れやニキビを引き起こす原因と言われている界面活性剤やシリコン、防腐剤、油剤などの合成物質が含まれているかどうかです。

ミネラルファンデーションには基本的にそれらが含まれてなく、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、マイカ、シリカなどの天然の鉱物が主成分のものが多いです。

天然の鉱物のみで出来ているか、合成物質も使用して作られているかの違いという事です。

ただし、ミネラルファンデーションの明確な基準はないそうで、天然の鉱物のみで作られた商品とそうでない商品が混在しています。

ミネラルファンデーションという名前で売られていてもしっかり成分を確認しないと求める効果が100%得られない可能性があるという事です。

ミネラルファンデーションのメリット

ミネラルは天然の鉱物だから、天然のものは肌に良いと思って選ぶ方がほとんどだと思います。

私もそうでした。

もちろん天然だから良いというわけではありません。

主成分となっているミネラルはペンキなどにも使われている顔料なのです。

一般的なファンデーションに含まれる合成物質が含まれていないので、肌への負担を減らす事が出来るという事が1番のメリットだと思います。

決して肌に付けると良い成分が入っているわけではないのです。

つけたまま寝ても良いという商品もありますが、肌につけていれば、ミネラルファンデーションでも肌は休まらないので避けた方が無難という事です。

合成物質が含まれていないので、メイクを落とす際にも肌への負担を減らす事が出来ます。

クレンジング剤を使わずに石鹸で落とせるので、W洗顔をしなくても良いのです。

ミネラルファンデーションに向いてる人

特別にお肌に良いわけではない事はわかりましたが、一般的なファンデーションよりも肌への負担が少ないという事がわかりました。

では、みんなミネラルファンデーションを使えばいいのにとなると思いますが、そういうわけでもありません。

ファンデーションに求める効果によって、ミネラルファンデーションでは得られないものがあります。

それはカバー力です。

やはりカバー力は一般的なファンデーションの方が優れているようです。

ミネラルファンデーションでカバー力に優れているものは、上記で説明した天然の鉱物のみで作られたミネラルファンデーションではない可能性があります。

カバー力も欲しいけど肌への負担も軽くしたい方には、逆にそちらの商品が良いのかもしれません。

普段のメイクでカバー力をそこまで求めず、とにかく肌荒れや肌への負担を減らしたいという方にはとてもおすすめの商品という事です。

だからといって、ミネラルファンデーションに全くカバー力がないわけではありません。

重ねて付けるとよりカバー出来るという使い方もありますし、ご自身が思うカバー力が得られていれば問題はないのです。

ミネラルファンデーションの注意点

ミネラルファンデーションはとにかくダマになりやすいので、スキンケアはしっかりと手のひらで馴染ませてあげると良いそうです。

そして、ブラシやパフにしっかりと馴染ませてからつけてあげるとダマになりにくいので、一手間が大切です。

また、せっかく石鹸で落ちるのに、普通のメイククレンジングを使用してしまえば意味がありません。

石鹸、もしくはお肌に優しいクレンジングを使うようにしてあげると良いと思います。

最後に

個人的にミネラルファンデーションはパウダーが舞い散るイメージがあり、私は使ってみて苦手と感じたので、今は一般的なファンデーションを使用しています。

ただし、肌荒れが気になる時にはブラシで付けるタイプではなくパフで付けるタイプのミネラルファンデーションを使っています。

その時の目的に合わせて使い分けるのもおすすめです。