ちんすこうだけじゃない!沖縄の伝統菓子

沖縄のお菓子というと、ちんすこうやサーターアンダギーなどが有名ですね。

代表格とも言えるちんすこうは、フレーバーが増えたり色や形などにも工夫が凝らされ、味だけでなく目も楽しませてくれる人気のお土産となりました。

サーターアンダギーはNHKのTVドラマで広く知られるようになり、家庭のおやつとして流行しました。

けれども、沖縄のお菓子はそれだけではありません!長く人々に愛されてきた伝統的なお菓子の一部をご紹介しましょう。

お土産やお祝いごとにピッタリな琉球菓子

クンペン

光餅や薫餅と書き、クンピンやコンペンと呼ばれることも。

琉球王朝にてよく食べられていたお菓子で、中国皇帝への献上品として納められていました。

歓待や祭祀に用いられた名残から、現在でも冠婚葬祭等に使われています。

胡麻やピーナッツの餡が包まれた焼き菓子です。

伝統的な味は菓子店で、手軽なおやつとしてはスーパーなど買うことができます。

ちぃるんこう

沖縄のカステラとも言えるちぃるんこうは、琉球王朝内でも高位の人にしか口にできなかった格調の高い菓子です。

赤く染められたピーナッツやみかんの皮の砂糖漬けが表面に飾られ、見た目の鮮やかさと柑橘系のさわやかな香りがアクセントになっています。

花ぼうる

王朝時代、日常のお菓子として、またお祝い事等にも使われていました。

型抜きを使わず、職人の手でひとつひとつ切り込みを入れて模様と形を整える工芸品のようなお菓子です。

江戸時代の日本へも南蛮菓子として伝わり、当時の江戸では丸ぼうるやごまぼうるなど多くの種類が作られ良く食べらていましたが、現在ではほとんど姿を消してしまいました。

日々のおやつに庶民のお菓子

タンナファンクルー

クンペンが貴族のお菓子なら、タンナファンクルーは庶民のお菓子です。

形はクンペンによく似ていますが、中に餡は入っていません。

黒糖が使われているため、地色は黒っぽくしっとりしています。

素朴な味で、コンビニやスーパーなどで手頃な価格で売られています。

ちんぴん

小麦粉を水で溶いて薄く焼き黒糖を巻いた、沖縄版クレープ。

今ではミックス粉が市販され、より手軽に家庭で作れるようになりました。

よく似た形で甘めの油みそを巻いたポーポーとセットで売られていることも多いです。

黒糖を使った沖縄お菓子はまだまだ多くの種類がありますが、知ってるお菓子はありましたか?

どれも素朴な味わいが特徴ですが、仏教により食肉を禁じられた中で発展した和菓子とは違った趣がありますね。

料理に豚肉をよく使う沖縄では、豚油を精製したラードを使用するお菓子が発展しました。

サクッとした食感と豊かなコク味が特徴の沖縄菓子は、伝統的な洋菓子との共通点も多く見られます。

最近は特産品である紅芋やパイナップル、シークワーサーなどを加えてアレンジされたものや、ヘルシーさを求められ油や甘さ控えなものなど種類も富んできています。

沖縄に行く機会があれば、ぜひ昔ながらのシンプルさを楽しんだり、現代の嗜好にあわせた新しい味を探したり比べてみてください。